東北復興文庫1 豊かな浜の暮らしを未来へつなぐ

1,100円
宮城県石巻市にある2世帯のみが暮らす蛤浜(はまぐりはま)。自然豊かな海と森に囲まれた小さな集落で、東日本大震災からサスティナブルな地域を実現するためにカフェ経営、漁業、狩猟、観光プログラム開発といったしなやかな活動を続ける若者たちの実践と葛藤を記録した一冊。

震災からまもなく10年。今なお、復興のために継続的な事業を行なう市民やNPOに光をあて、その取り組みを自然災害に立ち向かう方々、次世代へつなぐ、東北復興文庫の記念すべき第1弾です。


▼目次
1. 蛤浜再生プロジェクトができるまで
2. 蛤浜を人が集う場所に
3. 地域課題を事業化する
4. 経営者として持続可能な運営のための見直しと改善
5. 交流人口から関係人口へ



▼著者プロフィール
亀山貴一(かめやま・たかかず)
1982年3月7日生まれ、石巻市蛤浜出身。
東日本大震災によって破滅的な被害を受けた蛤浜を再生するために、蛤浜プロジェクトを立ち上げる。2016年3月まで牡鹿地区復興応援隊として活動。2013年3月、cafeはまぐり堂を開業。2014年4月、一般社団法人はまのねを設立し代表理事となる。
これまで、牡鹿半島の持続可能な集落づくりを目的として、蛤浜を拠点にカフェ経営、マリンアクティビティ事業、水産業・林業・狩猟の六次産業化などに取り組んでいる。

size:新書
page:132p
2020年
購入はこちらから
購入はこちらから